プロレス

2011年4月 9日 (土)

GO TO レッソメイニア27

WWE RAW #931の感想。

アンダーテイカーVs.HHH。
もうしゃべらなくて良い。入場だけでお腹いっぱい。
というか、アンダーテイカー、HHHおよび、HBKが入場してくるまで約7分誰もしゃべらず。
そして、戦う理由付けにHBKを捨て駒に使う豪華さ。さすがレッソメイニア。
試合形式は「ノー・ホールズ・バード」。要は何でもありっていうこと。
おふたりさんのバンプが上手いから出来ることです。

気になったのはアンダーテイカーの入場曲。凄くカッコ良い!
調べたら、「Johnny Cash」だった。Youtubeにあったので見てみてください。

 Johnny Cash American VI: Ain't No Grave

次にロック様。

オーラに脱帽。しゃべりに敬服。間の取り方一級品。
決めゼリフのかっこよさはまさに絶品!
しかしなんと言っても7年前の決めゼリフを皆が覚えていること。
ロック様「million」、皆「million!」
あんた達スゲーよ。

対するジョン・シナ。彼はベビーなのだが、
流石にロック様の前ではヒールにならざろうえないか?
ただし、この男もしゃべりが上手い。
台本なしでしゃべれるのは、ロック様かこの男といわれているだけあり、
「Cena Suck」が飛び交う中、ロック様の理不尽を追求していく。
ガチかシナリオかは分からないが、ロック様が言葉を失ったのは事実。
流石である。

で、次に登場したミズ。TVショーであるRawで、ジョン・シナを
3回連続でやっつけたにもかかわらず、相変わらず影が薄い。
だが、顔良し、体良しなので使い続ければ、彼もスーパースターになるだろう。
今は我慢の時期。

この間30分3人がしゃべりまくって、ミズ以外フィニッシュ技を出して終了。
一応プロレスです。はい。

次のスマックダウンで全カードが分かるだろうね。
楽しみだ。

おまけ。
"Land of Five Rivers" (Vocals by Kulvinder Singh Johal) & (Dhol by Panjabi MC)

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

iPhone サッカー プロレス 音楽