« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月19日 (月)

Janis Joplin Live At The Carousel Ballroom 1968の存在意義

アルバムのジャケットを見て頂けたら分かるのですが、
このアルバムは正確に言うとBIG BROTHER AND THE HOLDING COMPANY(以下BBHC)に
Janis Joplinがヴォーカルで所属していた時代の代物である。
だから、BBHC Featuring Janis Joplinとなっているのである。

このライヴ音源がCHEAP THRILLS発表前後までは分からないが、
(CHEAP THRILLSもBBHC名義なのだが、背表紙にはJanis Joplinってかいてあるw)
1967年に行われたMonterey Pop Festivalより1年後なので、
Janisのコンディションはいいと思われる。

BBHCはJanisの派手な男性関係によって崩壊し、Sam Andrewと共にBBHCを去ることになる。
この後、JanisはKozmic Blues、Full Tilt Boogie Bandと組まされることとなる。
(有名なWoodstock Music and Art FestivalはKozmic Blues時代のもの)
ただ、この後のバンドは他者によって、人材が選定されたものである。

音楽的な完成度を求めるならKozmic Blues以降をおすすめする。
ただ、Janisが壊れていってしまうが・・・。

そういった意味でもBBHC時代の音源は貴重であるが、
このバンド、ライブバンドなので、海賊版が死ぬほどあったんだよなあw。
まあ、BBHC時代のものが正式にリリースされたのはめでたいことだと思います。

私はBBHC時代といえば、Ball And Chainなのです。
やれ「BBHCは下手くそだ」とか、
「Janisがいるのに下手くそな歌を歌っているあの男は何だ?」とかw、
色々言われていますが、この曲が一番BBHCの最高傑作だと思います。

そして、そのBall And Chain。
色々なテイクを聴きましたが、珠玉の作品でした。
何故かと言われれば、BBHCがJanisの邪魔をしていないことが良かったというw、
何とも皮肉な内容なのですが、それ以上にJanisの声が抜群にいいです。
聞き惚れてしまうBall And Chainも珍しい。

このアルバムについて。
ライヴアルバムですが、観客の声が全く聞こえないので、
何となくライヴアルバムではないような気がします。
ただ、前記しているとおり、Janisの声が抜群にいいです。
なのでよけいに後ろで歌っている男には殺意がわきますがw。

この時代のJanisって、やっぱ楽しそうだなあと思った次第。
歌うことの楽しさや、バンドを始めたことによる初期衝動の楽しさなどを感じる。
そういった意味でもこのアルバムの存在意義はあるんじゃないのでしょうか?

今や死語となった「SEX & DRUGS & ROCK'N ROLL」。
それを体現した数少ない女性シンガー。
是非、聴いてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

Siri

てっきりiOS5.1にすれば、iPhone4でもSiriが使えるものだと思っていた。
だが、実際は違った。対応していねーじゃねぇかこのクソ野郎。
ふと、思った。そういやあ、嫁のがiPhone4Sだった。
電話して聞いてみる。

「お前さーiPhoneのバージョンいくつ?」
「What?」
「俺が悪かった。取りあえずSiri使ってみたいので、お前のPCとiPhone貸せ。」
「・・・何をする気なの?」
「だから、Siriを使ってみたいだけなのだが。確かにお前のロック画面をセホーンにしたりしたが、今回は真面目に使ってみたいだけ。」
「尻だか股だかしらないけど、何をするものなの?」
「よくわかんねーから確かめたいの。」
「分かった。イタズラはやめてよ。」

・・・30分後、やっとSiriを使えるようになった。
聞きたかったことを聞いてみた。以下がその内容である。

Image


そこは私は「Siri」ませんだろうがああああああ。


さ、仕事しようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

2012.03.10広島戦

とりあえずフォーメーションを確認しましょう。

1.基本立ち位置

  ⑧ ⑩ ⑨
 ④ ⑤ ⑥ ⑦
  ② ① ③

広島戦は以下のとおり。

 原口 田中 山田直
梅崎 柏木 鈴木 平川
 槙野 阿部 濱田

2.ボール保持時での基本立ち位置

  ⑧ ⑩ ⑨
 ④     ⑦
 ②  ⑤  ③
   ① ⑥

【ディフェンス時】
多分考えてない。決まり事は分からなかった。

3.攻撃(簡潔に)
 ボール保持時でのフォーメーションを見るとよく分かりますが、
 非常にリスキーなフォーメーションとも見えます。しかし、ミスがないとすれば、
 攻撃のパターンがいくつもある。

 (1)FW3人のタスク
    ・柏木からDFの裏を狙うロングフィードを受ける動きができること。
 (2)両サイドでのタスク
    ・WBとSBがくっつきます。これだけで数的優位をだせる。
     これは両サイドとも上がるから。たいてい逆サイドはフリーになっている。
 (3)起点
   GKが50:50のキックを蹴らないのは、折角ボールを保持したのに、
   50%の確率で相手側にボールを渡すのが嫌なのと思われる。
   だから、ボールのキープ力がある阿部に必ず渡す。
   項番2の陣形になっていない場合は、啓太とバックパスで回す。
   陣形が整ったら攻撃開始となる。

4.役割(簡潔に)
 ①:CB、起点者
 ②、③:CB,SB,WB
 ④、⑦:SB,WB
 ⑤:ロングフィード起点者
 ⑥:スペースを潰す役割、アンカーの意識、CB
 ⑧、⑨、⑩:得点者

5.懸案事項
 (1)攻撃の場合
   ・FW3人と他の7人が前後分断している。
   ・両サイドの数的優位が上手く使えていない。
   ・フィニッシャー
 (2)守備の場合
   ・阿部ちゃん考えて。

眠い。寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »